News&Topics

ホーム> News&Topics> 「ふれあいフェスティバル in 有馬」を開催して(有馬町会 会長 伊藤昇)

「ふれあいフェスティバル in 有馬」を開催して(有馬町会 会長 伊藤昇)

メインステージ

 多世代交流を目的とした「ふれあいフェスティバル in 有馬」が令和元年10月13日(日)、有馬中央公園にて開催されました。

 メインステージでは、ご近所にお住まいの元NHKおはよう日本リポーターの入田直子さんの司会で、有馬大正踊り八木節保存会の威勢の良い演奏からスタートし、有馬こども会楽鼓隊による「こども太鼓」、ジュエットパーティーによる「キッズダンス」、西有馬小学校スマイリーズによる「チアリーディング」、有馬敬和会高橋会長による「なつかしの歌声」、旭麻美さんと鷺沼ヴィーナスクラブによる「ズンバダンス」など、多彩な演技・演奏・歌声が披露されました。


カフェありま

カフェありま

 「カフェありま」では、有馬地区の民生委員と一緒に、また、地元店舗と協力してコーヒー、軽食を提供し、秋の一日をゆったりと過ごしていただきました。


マルシェ

マルシェ

 「マルシェ」では、18の区画で、フリーマーケット、ハンドメイドワークショップ。
 また、出張セレサモスが出店し、楽しい買い物ができました。


ちびっこ広場

ちびっこ広場

 「ちびっこ広場」では、小さなこども達がお父さんお母さんと一緒に絵本の読み聞かせ、竹とんぼ、輪投げ、ピンボール等を楽しみました。


スポーツの広場、冒険の森

スポーツの広場

 「スポーツの広場」では、ストライクアウト、ディスゲッター、大縄跳び、一投玉入れなどに多くのこどもが参加して歓声が上がりました。
 「冒険の森」では、ケヤキの森でモンキーブリッジ、ハンモックをまたベーゴマや中国ゴマなど、普段できない遊びを楽しみました。
 
 台風19号の影響で順延、当日の時間変更、初開催にもかかわらず、小さなこどもから祖父母世代まで、また、普段町会行事に参加出来ない方まで、予想より多くの方々が来場しました。

 多世代交流と合わせて、多くの団体や地元店舗の協力があり、地域全体の懇親が深まったイベントとなりました。

 こうした多世代・多方面の交流を、地域の安心・安全そして、災害時の対応等に役立てたいものです。


写真一覧

冒険の森

冒険の森


to top