News&Topics

ホーム> News&Topics> withコロナ時代の町内会・自治会活動について(宮前区全町内・自治会連合会 会長 持田和夫)

withコロナ時代の町内会・自治会活動について(宮前区全町内・自治会連合会 会長 持田和夫)

花植え作業の様子

宮前区全町内・自治会連合会(以下「連合会」)には68の町内会・自治会が加盟しており、それぞれの地域で、まちの美化・清掃、防犯・防災、情報を届ける活動(回覧板・掲示板)、地域の親睦を深める活動など、様々な活動に取り組んでいます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今年の3月頃から、町内会・自治会の活動についても少しずつ自粛が求められるようになり、4月7日に神奈川県が緊急事態措置を実施すべき地域とされてからは、ほぼ全ての町内会・自治会活動が休止する状況となりました。

そのような中、当連合会では5月に連合会加盟の町内会・自治会に対してアンケート調査を実施し、緊急事態措置期間中の主な活動の状況や、今後の活動の見通しについて回答をいただきました。


盆踊り・夏祭り、防災訓練の検討状況

盆踊り・夏祭り・防災訓練グラフ

皆さんが毎年楽しみにしてくださっている盆踊りや夏祭りについては、「3つの密(密閉・密集・密接)」が避けがたい状況であることや、町内会・自治会の会議等も開催しにくい状況の中、準備が難しいことなどから、半数以上が中止を決定している状況でした。

その後、各地域での検討の結果、今年の盆踊り・夏祭りについては全て中止となっております。

地域での防災訓練については、開催が33%、検討中が43%となっており、中止を決定したのは24%に留まりました。実施時期が秋以降の地域が多いこともあるかと思いますが、災害への備えについては、十分な新型コロナウイルス感染症対策の上でなんとか実施したいという傾向が伺えました。


子どもたちの安全・安心について

美化活動・防犯パトロールグラフ

また、公園清掃などの地域美化活動、防犯パトロールなどは、屋外での実施となることから、緊急事態措置期間中であっても、対策を工夫して実施している会もありました。

学校再開に伴うパトロールや見守り活動、公園清掃などについては、子どもたちの安全・安心のために早期に再開したいという声も聞かれます。
美化活動は、公園など子どもたちが日中過ごす場所の安全や防犯にもつながっています。

各町内会・自治会の状況もあり、一概に言えることではありませんが、十分な感染対策を施した上で、地域に必要なことは再開していきたいという意欲を感じる結果となりました。


情報発信での新型コロナウイルス感染症対策支援(掲示板)

掲示作業の様子

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、町内会・自治会を通じて配布している市政だより1日号が5月号から8月号まで休止になり、行政からの広報物(回覧)についても同じ期間休止となりました。

市政だよりや広報物の仕分け作業が「3つの密」を避けがたいことから、やむを得ない措置であるものの、行政からの大切な情報が地域に届きにくくなることは課題であると考え、当会に加盟の町内会・自治会が所有する掲示板を活用した情報発信に取り組んでいます。

インターネットでの情報検索が難しい方々や、家にいる時間が長くなりがちな御高齢の方々にも、日常のお買い物などのついでにご覧いただけるのが、街なかにある町内会・自治会の掲示板です。

一時期は回覧板を回すのも難しい状況もありましたので、行政からの大切な情報を掲示板でお届けすることで、皆さんの安全・安心な暮らしに貢献していけたらと思っています。


今後の活動について

町内会・自治会は、地域の安全・安心な暮らしに貢献していきたいと、ひとりひとりが少しずつ力を出し合って、様々な活動に取り組んでいますが、新型コロナウイルスの脅威が未だ身近にある中、活動に関わる方々の安全確保や健康維持にも留意する必要があることに変わりはありません。

コロナ以前と全く同じような活動が難しくても、感染対策をしっかりと行いながら、様々な工夫で活動に取り組んでいけたらと考えています。

皆様の暮らしの中でも、お住まいやその近隣にいる時間が増えているかと思います。

良く行く公園やいつも通る道の花壇、子どもたちの通学路、当たり前にそこにある暮らしを支えているのは、「誰かの役に立てたらうれしい」という地域の人たちの想いの集まりだということに、関心を寄せていただけるとうれしく思います。


資料一覧


to top