地域で活動

ホーム> 地域で活動> ご近助コンシェルジュとは

ご近助コンシェルジュとは

ご近助コンシェルジュとは

宮前区ご近所情報サイト「みやまえご近助さん」の運営にあたって、町内会・自治会や地域福祉活動などの地域活動を子育て世代の視点で紹介していくために、活動を取材して記事を執筆する「ご近助コンシェルジュ」という仕組みを設け、9人の方々にお願いしました。既に地域の中で様々な活動に関わり、自ら活動を立ち上げたりもしている子育て世代の方々です(以下、コンシェルジュのプロフィールをご覧ください。)。

宮前区内を大きく9つの地域に分けて、コンシェルジュの皆さんには担当地域のさまざまな活動を紹介していただくほか、担当地域の町内会・自治会から地域の活動情報を受け取り、このサイトに掲載されている地域活動の情報を更新していただく役割も担っていただきます。

「ご近助コンシェルジュ」に、地域の様々な情報が集まり、新たなつながりが生まれたり、活動が広がったりすると同時に、コンシェルジュの間でも情報が共有され、宮前区内の多様な地域活動がつながり、活性化する、そんな変化が生まれてくることも期待しています。

コンシェルジュとは画像

ご近助コンシェルジュ担当エリア図

ご近助コンシェルジュ担当エリア図

ご近助コンシェルジュプロフィール、担当町内会・自治会

平・神木本町・五所塚

コンシェルジュ:山田佳一朗・真由美

花と人が停留する「花ノ停留所」を運営。
花壇の管理やグリーンディスプレイで地域を華やかに、マルシェやワークショップで地域の魅力が生きる活動をしている。

担当町内会・自治会
平日影自治会
平日向自治会
平高山自治会
市営高山団地自治会
向ヶ丘遊園センチュリータウン自治会
五所塚町内会
平風久保町内会
宮前平パークハイツ自治会
エクセル宮前平自治会
神木本町自治会
長尾住宅管理組合

初山・菅生・水沢

コンシェルジュ:まゆみ

焼菓子の製造販売、デザイン 、イラストレーション

担当町内会・自治会
初山自治会
長沢自治会
蔵敷自治会
市営清水台団地自治会

菅生ケ丘・菅生・潮見台・水沢

コンシェルジュ:chie.k

稗原ゆ~ず連絡会-ゆ~ずツクルブ部長(ゆ~ずパーティー主催)

担当町内会・自治会
稗原自治会
鷲ヶ峰西住宅自治会
市営鷲ヶ峰住宅自治会
菅生ケ丘自治会
稗原団地自治会
一の丸自治会
菅生台自治会

犬蔵・南平台・白幡台

コンシェルジュ:カズ

PTA役員(市・区・中学校)、犬蔵おやじの会、これからも区内の面白そうな取り組みに参加していきます!

担当町内会・自治会
犬蔵自治会
グリーンコーポ多摩プラザ管理組合
菅生住宅自治会
南菅生自治会
ライオンズマンション宮前平ヒルズ管理組合
向ヶ丘第五次自治会
南平ハイツ自治会
向ヶ丘コーポビアネーズ自治会
南平自治会
コスモ宮前平コートフォルム自治会
南平台自治会
南平みどり会
南平町内会
南平第2団地自治会
南平台公社住宅自治会
グリーンヒル宮前平住民の会
平住宅自治会
蔵敷団地親和会
菅生団地自治会
初山団地自治会
初山住宅自治会
白幡台住宅管理組合
白幡台自治会

鷺沼・土橋

コンシェルジュ:西村ルミ

土橋こども会、エンジョイシニアの大文化祭

担当町内会・自治会
鷺沼町会
土橋町内会

宮崎・宮前平・神木・けやき平

コンシェルジュ:チョコ

こがも会の南です。ファイナンシャルプランナーと共に少しでも楽な相続を目差し活動しています。

担当町内会・自治会
新神木自治会
宮前平グリーンハイツ自治会
宮崎6丁目自治会
宮崎町内会
花の台町内会
宮前平ロイヤルマンション管理組合
ライオンズマンション宮前平第2管理組合

馬絹・小台・宮崎

コンシェルジュ:Chiaki

地域で活動しているママと何かやりたいママを繋げ地域の活性化を目指すmama-on!事務局
カラー×ノートで人生を思いっきり楽しむ!Felice Luce主宰

担当町内会・自治会
馬絹町内会
小台町内会
大塚町内会

有馬・東有馬

コンシェルジュ:山口正孝

宮前区 PTA 運営委員、西有馬小 PTA 副会長、西有馬小おやじの会会員、白百合会会員(有馬白百合幼稚園父母の会役員 OB)

担当町内会・自治会
有馬町会
東有馬町会
市営有馬第1住宅自治会
市営有馬第2団地自治会
市営有馬第3住宅自治会
県営有馬団地自治会

野川・梶ヶ谷

コンシェルジュ:小川

イベント開催、TIDA's house 運営

担当町内会・自治会
野川町内会
県営野川南台団地自治会
野川台自治会
野川西団地自治会
梶ヶ谷金山町内会

「ご近助コンシェルジュ」導入の背景(子育て世代への調査結果から)

このホームぺージを立ち上げるにあたって、町内会・自治会関係者、子育て世代へのヒアリング・アンケート調査を実施しました。

ヒアリング調査(予備調査)

「子育て世代が町内会・自治会活動に参画しない理由」として、次のような仮説を設定し、ヒアリングを実施しました。

  • ・何をやっているか知らない
  • ・必要性を感じない
  • ・気軽に入っていけない
  • ・自分が町内会・自治会に入っているかわからない
  • ・自分たちの求めているものはなさそう
⇒ヒアリング調査からわかったことは…
ヒアリング調査からわかったこと図
⇒この仮説を検証するため、2019年9月23日、「みやまえご近助ピクニック」会場で、子育て世代71人にアンケート調査を実施しました。

アンケート調査(本調査)

◆タイプ分けアンケートから地域への関心度を知る
タイプ分けアンケートから地域への関心度を知る図
◆地域への関心
地域への関心図
◆そのほかの結果
良く行く場所はスーパーや近隣の公園
変化に気づいたり、関心がわくほど地域に出ておらず、関心が薄いが、まちの未来への期待については無回答が数名に留まり、回答者のほぼ全員が地域への期待を持っている。
子ども向けイベントやコミュニティカフェなど、出かけていく場所=「居場所」への関心が高く、安心安全に関する情報も重視している。

以上の結果から、子育て世代の関心事は町内会・自治会活動との親和性が高いにもかかわらず、それに気づいてもらえていないことがわかりました。
そのほか、アンケートを実施した際の聞き取りでは、町内会・自治会活動の内容を知らない人が多いこと、子どもが就学前の段階では、地域との接点が少ないことなどがわかりました。

こうしたことから、子育て世代のライフサイクルに合う形の接点をホームページ上に作ることで、子育て世代の安全・安心な暮らしが町内会・自治会活動に支えられていることを知ってもらう入口になるのではないかと考えました。

「ご近助コンシェルジュ」の方々に地域活動の記事を発信していただくことで、子育て世代の方々の関心がある切り口から、町内会・自治会活動のことを知っていただければと思います。

to top