ご近所情報

ホーム> ご近所情報> 地区

地域で活動している団体

町内会・自治会

鷺沼町会

鷺沼は東急田園都市線の鷺沼駅を中心に、東名高速道路、横浜市青葉区、厚木(大山)街道、土橋、小台に囲まれた地にあります。

以前は有馬鷺沼町会で構成されていましたが、昭和61年4月に分離し、鷺沼町会が設立されました。
1丁目~4丁目、商店会で9支部があります。
他に各種9団体、民生委員、廃棄物減量指導員があり、自治活動をしています。

会長 持田 和夫
世帯数 3351
会館 鷺沼會舘
鷺沼町会

老人クラブ

鷺沼仲よし会

毎月第1木曜日の定例会、輪投げ、健康体操、3か月に1回のお誕生日会、散歩の会、区老連行事への参加、バス旅行、鷺沼小での昔遊び、町会美化活動への参加などを行っています。

地区社協

有馬鷺沼地区社会福祉協議会

有馬、鷺沼地区を管轄している地区社会福祉協議会です。地域における各種事業については、障害児者福祉委員会、児童福祉委員会、広報活動委員会、在宅福祉委員会の4つの委員会により実施されています。
委員会ごとの活動内容としては、まず障害児者福祉委員会では地区の小学校における「高齢者疑似体験」を行い、高齢者の方の生活上の困りごとや支援が必要なことを身近に感じ、考えるためのきっかけづくりを図っています。また、児童福祉委員会では保育園と協働し、畑での収穫作業の体験や、伝承遊びなどを通じた交流会を開催しており、多世代交流を目指した取り組みに力を入れています。併せて在宅福祉委員会が実施する「一人暮らし高齢者会食会『梨の花』」においても、地域の高齢者に向けた食事提供や外出し、参加者同士の交流、ふれあいを行う活動のみならず、保育園との交流の機会を設けています。そのような地区社協の取り組みや災害への備え、感染症対策といった住民に向けた役立つ情報の掲載を行い、より地区社協の働きを身近に感じていただけるような情報発信について、年1回の広報誌「梨の花」により実施しています。

民児協

宮前第2地区民生委員児童委員協議会

有馬、鷺沼地区を担当する民生委員児童委員34名で構成する協議会。民生委員児童委員としての基本的な活動の他、地域の福祉課題に対し、町内会・自治会や地区社会福祉協議会とタイアップして、取り組んでいます。
3つの部会で活動をしています。障害者福祉部会では、小学校生徒と車椅子体験。児童福祉部会では園児と芋ほり、伝承遊び、施設見学。高齢者福祉部会では有馬いこいの家にて、様々なイベントと会食会を行っています。

子ども会

鷺沼子ども会

もちつき、お泊り会等々、町会の行事、美化、防災などの活動に積極的に参加しています。

to top