News&Topics

ホーム> News&Topics> 長沢自治会「片山農園」のサツマイモの植え付け

長沢自治会「片山農園」のサツマイモの植え付け

集合写真

6月12日(土)に長沢自治会では、サツマイモの植え付けを行いました。

会員の片山治郎様から畑の提供いただき、長沢自治会、長沢歳歳会、長沢子ど
も会の役員中心に20名ほどが集まりました。

 


まず、畝立て(うねたて)を行いました。

畝たて

棒と紐などで畝の幅を決めてすすめていきます。

そして、肥料を入れて耕していきます。

 


次に、マルチシート(黒いビニール)

マルチシート

マルチシートの効果は、

①雑草の防除・予防
②地温の調整
③病害虫の防除
④用土及び肥料成分・水分の保持
⑤柔らかい土を保つ…などがあります。

 


そして、植え付け!!

植え付け

植え付けは「垂直植え」や「斜め植え」などがありますが、総動員で「斜め植
え」を行いました。

はじめとの人も多く、苗の向きや角度などを考えながら格闘していました。
サツマイモの品種は「紅はるか」で200本ほど植え付けました。

これから「つる返し(株が成長し、伸びたツルが土につくと、葉のつけ根の部
分から根を出す)」を行い秋の収穫になります。

収穫時は、防災イベントとして、畑の食材を使った炊き出し訓練を計画しています。

コロナ禍で感染対策を行いながらの開催でした。
本来は、子どもたちにも参加して欲しかったのですが難しかったです。

収穫が楽しみです。


to top